© 2018 by Une Pianiste a Paris. Proudly created pianiste.paris

BIO

Kozue - 梢

3歳よりピアノを始める。秋田大学教育文化学部附属小・中学校を卒業後、進学のため単身で上京。これを機にABS秋田放送より取材を受け“特集:シリーズ旅立ち~15歳の決断・夢はピアニスト”が放映される。

​  

東京音楽大学付属高等学校ピアノ演奏家コース、東京音楽大学ピアノ演奏家コースを経て、パリ・エコールノルマル音楽院を審査員満場一致の首席で卒業。同音楽院にて世界的ピアニスト、ジャン=マルク・ルイサダ氏に師事。最上級過程(6em Devision)教育家ディプロマ、演奏家ディプロマを取得。またミラノ国立音楽院にてルイサダ氏によるマスタークラスを修了し、ディプロマを取得。ロシア音楽院でも研鑽を積み、マクシム・ムルヴィツァ、セルゲイ・カスプロフを育てた名教師イゴール・ラスコー氏に師事すると同時に、パリ・スコラ・カントルㇺ音楽院にてマルグリット・ロンの弟子でありフランシス・プ―ランクの唯一の弟子として知られる巨匠ガブリエル・タッキーノ氏に師事。同音楽院を3年間最高点を得て最優秀の成績で卒業、コンサーティスト・ディプロマを取得。

イタリア・チェルヴォー国際音楽祭、カリアリ国際音楽アカデミー参加他、小川典子、ジャック=ルヴィエ、セルゲイ・ドレンスキー各氏のマスタークラスを受講、ディプロマを取得。

"18世紀のパリ、~ショパンとリストの生きた時代"、"フレンチピアニズム~フランス音楽教育の伝統"の発表は満点の評価を得て、ソルボンヌ大学フランス文明講座を優秀な成績で修了(mention TB)、ディプロマを取得。

これまでに秋田市民音楽コンクール第一位並びに文化団体連盟賞、秋田県青少年音楽コンクール第一位並びに大会史上初のグランプリ受賞。学生ショパンコンクールにて史上最年少で金賞を受賞、並びにカワイ賞受賞。学生音楽コンクール東京大会入選、ピティナ・ピアノ・コンペティション入賞他アジア国際音楽コンサート(サントリーホール)にて新人賞を受賞。クロード・カーン国際ピアノコンクール(仏)入賞、メンデルスゾーン国際ピアノコンクール(伊)ファイナリスト、ディプロマ受賞等国内外のコンクールで多数入賞。

​東京、秋田で行ったファースト・リサイタルでは新人としては異例の約1000人を動員し、話題を呼ぶ。開催にあたり“特集~15才の夢はさらに大きく”( ABS秋田放送)、“特集~故郷で初リサイタル 女子大生ピアニスト ピアノに込める想い” (AAB秋田朝日放送)が放映される。​渡仏前に行ったセカンド・リサイタルではクラシック音楽情報誌ぶらあぼにインタビュー記事が掲載された他、音楽雑誌ショパンに"大胆不敵な面白い演奏"と講評が掲載される等好評を博した。これまでに新聞、ラジオ、テレビ他多くのマスメディアに取り上げられている。

カリアリ国際音楽アカデミー(イタリア)では成績最優秀の生徒に選出され、モーツァルトのピアノ協奏曲第9番ジュノムを演奏。その演奏を高く評価したB.ボンヌカーズ、J.M.ルイサダ各氏の推薦を受けてパリのサル・コルトーにてリサイタルを行う。

パリで行われた大規模なチャリティーコンサート”TOUS EN SCENE POUR JAPON”ではシプリアン・カツァリス、ミッシェル・ベロフ、ジャン=マルク・ルイサダ、デザイナーのKenzo、一世を風靡した歌手シルヴィ・バルタン等各界の超一流アーティストと共に最年少出演のピアニストとして権威あるコンサートホール、サル・ガヴォーの舞台に立つ。

また、ショパン国際ピアノコンクール(ワルシャワ、ポーランド)の最年少入賞者と知られるフランスのピアニスト、キャロリーヌ・サジュマンからオファーを受け、4手連弾のパートナーとして共演し注目を集めた。

​ドイツ・バイロイト市では、作曲家フランツ・リストとリヒャルト・ワーグナーが顧客だったことで知られる老舗のピアノメーカー、シュテイン・グラーベ社の招待によりリサイタルを行い、卓越したピアニストと高い評価を得る等ヨーロッパでも活躍している。

​日本では、文部科学省・文化庁主催の国内最大規模の文化の祭典、文化の国体と呼ばれる国民文化祭のプレ・コンサートでソリストを務め(ピアノとオルガンの祭典2013)、国民文化祭2014、国民文化祭メモリアルコンサート”ピアノ・ワンダーランド2015”でも演奏した。

現在パリを拠点にフランス、イタリア、スペイン、ドイツ、日本で演奏活動を行っている。ピティナ・ピアノコンペティション演奏会員。

アウトリーチ活動やプロジェクト"Musique pour Tous"を掲げ、音楽を通しての社会貢献活動にも力を注いでいる。

" A Dynamic Performance with Fearless Approach "  

                                 -Music Magazine Chopin vol.309

" The outstanding Pianist "

                                        - Steingraeber & Söhn Piano

Born in Akita, Japan. She began her Piano at the age of three. At the age of 15 she moved to Tokyo alone to study at Concertist Pianist Course at the Music High school attached to Tokyo College of Music. ABS (Akita Broadcasting System) made a documentaly series "The Graduate" about Kozue, "Fifteen's Desicioin -My Dream is a Pianist". 

She continued her study at Piano Concertist Course at Tokyo College of Music in Japan (Concervatoire de Tokyo) with Mari Takeda and Noriko Ogawa.

After she entered to Ecole Normale de Musique de Paris in Class of Jean Marc Luisada, graduated from most Higher Education Course with unanimity by Juries, received Diploma Superieur, Performing Diploma and Teaching Deploma. She later enrolled in La Schola Cantorum de Paris to further her studies with Gabriel Tacchino, earned Diploma Superieur ,Virtuoso Diploma, Concertist Diploma with honors. She also studied with Jacques Louvier, Serguei Dorenski, Igor Lazko.

The numerous prizes she has received until today:  the Gold medal and the Grand prix at the Akita Competition for youth as the Frist winner for receiving Grand prix, the Gold medal and the special award of Kawai at the Chopin Competition for youth  as the youngest winner ever (the Frédéric Chopin Society of Japan, Sendai, Japan), the New face award at the Asia International Classic music Concert (Suntory Hall, Tokyo, Japan), Special prize at the Claude Kahn International Piano Competition (Paris, France), to name a few.


Her first recital records the audience numbers in excess of 1000 in Japan, and her second recital(Steinway salon Tokyo and Akita) was featured by some of Japanese media : TV, Radios, News papers and Classic music journals. AAB made a Special TV Program about her recital "Her Dream Comes True". 

Highlights of some of her performances include festival appearances at the concert 'Tous en scene pour Japon' as the youngest pianist, the performers at the concert were the great namaes in various arts, such as Pianists Jean marc Luisada, Cyprien Katsaris, Michel Beroff, Fashion designer Kenzo, Recital series "Junge Meisterpianisten" (Young Master Pianists), Steingraeber-Haus in Bayreuth, Germany, 'the Piano Festival' of The Pre-National Cultural Festival and The National Cultural Festival in Japan.( the festival is one of Japan’s largest cultural festival, hosted by the Agency for Cultural Affairs and the prefectural or municipal government), Cervo International Music festival in Cervo, Italy,performed W.A.Mozart'z  Piano Concerto No. 9 "Jenamy" in Cagliari, Concert series "Midi et Demi" at Salle Cortot in Paris, France, etc.

She performs in France, Italy, Spain, Germany and Japan.